相棒の青木が特命係にいた理由はなぜ?初登場シーンや最終回のネタバレ情報



相棒最終回で青木ロス?最終回の感想と浅利陽介の演技力に驚き!

大人気相棒シリーズに浅利陽介は青木年男役で出ています。

青木さん主役回のツイートです。


写真見てるだけで、
いつものひねくれた言葉が聞こえそうです。笑

相棒では主人公、杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)との独特なノリがとても反響をよんでいました。
偏屈屋の右京さんにも何か癖強めにものを言える青木さん。
そして「かぶらぎわたる」とフルネームで言ったり「お礼を言ったらどうです?」と言ったり、なんとも独特で面白いキャラですよね。

そしてそのときの表情や動作がさすがです。
なんとも言えない面白さ、いい感じのテンポを生み出し、見ているとクスッと笑ってしまいます。

そんな相棒ですが、3月18日で最終回を迎えました。
そしてなんと!最終回は青木さんの出番多め!!!
「ほぼ全面協力」と言っていつも以上にいい動きをしてくれるのです。

あ〜見れてよかった〜!!!

青木さんなしに真実には辿り着けませんよ!



浅利陽介って子役から出てたって本当?出演作は?ハーフ説は事実?

浅利陽介は1987年8月14日生まれです。
実は4歳でCMデビューをしているんです。
そして1999年放送のNHK連続テレビ小説「あすか」ではヒロインの相手役の子役を演じ、そして2001年には「キッズ・ウォー3」で不良少年役を演じ、着実に俳優としての基盤を気づいてきました。
また2008年からは「コード・ブルー−ドクターヘリ救急救命−」に出演し、人気を確固たるものしてきました。
老若男女から人気を博し、演技の幅も広い浅利さん。
次はどんな作品で、どんな役で登場するのか、とても楽しみですね。

こちらはコードブルーのキャストたちの画像です。


浅利さんメガネも似合ってますね。

そんな浅利陽介さんですが、肌の色が白く、鼻も高く、癖っ毛っぽいところからハーフと言われても納得してしまう容姿のように思います。
しかし浅利さんの両親は日本人のようです。
なのでハーフではないのですが、もしかしたらどこか少しでもヨーロッパ系の血が入っているのでは?と思ってしまいますね。
しかし残念ながらそのような情報は得られませんでした。



相棒青木のまとめ

浅利陽介さんの演技もっともっと見たいですね。
次はどんな姿を見れるか楽しみです。
CM・ドラマ・映画とどこでお会いできるかな?
引き続き応援していきたいと思います!!!



コメント

タイトルとURLをコピーしました