古いタッパーの臭いの消臭方法は?プラスチック臭はハイターで落ちる?

古いタッパーの臭いってどうやって消すことが出来るんでしょうか?

確かに古いタッパーって、臭いがこびりついていたりして、そのまま使うのをちょっとためらってしまいますよね…。

今回はそんな、古いタッパーの臭いをスッキリ消して、また使えるようにする、とっておきの裏ワザをご紹介していきます!



古いタッパーの臭いって洗剤で洗っても取れない?消臭方法は?

では早速、洗剤でも洗って取れない、古いタッパーの消臭方法を紹介します!

塩水でよく振る

古いタッパーに塩大さじ3杯と水をタッパー半分くらいまで入れて、蓋をしてよく振ってみてください。

あとは塩水を捨ててよくすすぐだけ!

そうすると、なんと簡単に古いタッパーの臭いも消すことが出来るんですよ!

1度塩水で振ってみて、臭いが取れていない時は、再度塩水を入れてよく振った後、15分ほど置いてからすすいでみてくださいね。

そうすればより古いタッパーの臭いを消すことが出来ますよ。

ちなみにこの方法、古いタッパーの臭いはもちろんのこと、タッパーに臭いの強いものを入れておいてしまい、洗剤で洗ってもなかなか臭いが取れない場合でも、効果的に消臭出来ますよ!



重曹水を入れて振る

塩水ではなく、重曹水入れてよく振った場合でも、古いタッパーの臭いを消すことが出来ます。

タッパーに適量の重曹と水を入れて、先ほどの塩と同じように、蓋をしてよく振ってから、5分~10分ほど置いておきましょう。

そして重曹水を捨ててよくすすげばしっかりと消臭出来ますよ。

ちなみに、重曹を使う場合、水だとなかなか溶けない場合もあるので、その時は重曹とぬるま湯を入れてよく振ってみると良いでしょう。

米のとぎ汁を入れる

お米のとぎ汁を古いタッパーにたっぷり入れて、一晩そのままにしておきます。

そうすれば臭いも取れるので、ぜひ試してみてくださいね!



酢水を入れておく

お酢1:水2の割合で作った酢水をタッパーに入れ、10分そのままにした後、洗剤で普通に洗いましょう。

そうすれば古いタッパーの臭いもしっかり消せるだけでなく、黒ずみなども除去することが出来ますよ!

ただし、あんまり長い時間酢水を入れておいてしまうと、今度は酢水の臭いがついてしまいます。

そのため、くれぐれも長い時間、酢水を入れておくことのないようにしましょう。

漂白剤を使う

キッチンハイターなど塩素系の漂白剤を使った場合でも、臭いを消すことが出来ます。

私のおすすめは泡で出るスプレータイプの漂白剤なので、それをタッパーにスプレーし、5分ほど置いてからお湯でしっかりすすぐようにしましょう。

以上が洗剤でも落ちない、古いタッパーの臭いを消す方法です。

どれも簡単な方法なので、すぐに試せそうですね!



タッパーのプラスチック臭はハイターで落とせる?

古いタッパーにこびりついてしまったプラスチック臭は、ハイターでも落とすことが出来ますよ!

先ほど紹介したように、泡で出るタイプのハイターを使い、5分ほど置いてからしっかりすすぐようにしてくださいね。

ただしハイターなど漂白剤を使う時は、よーくすすぎ洗いをすることがポイント。

そうしないと、今度はハイターの臭いがタッパーに移ってしまうので、お湯を使って十分すぎるくらい、しっかりとすすぎ洗いをしてくださいね。

また、ハイターでなくても、先ほど紹介したような、塩水や酢水を入れた場合でも、やっぱり同じように古いタッパーのプラスチック臭を消すことが出来ますよ。

ということでプラスチック臭が気になる時も、先ほど紹介した消臭方法を試してみてくださいね!

私個人的におすすめしたいのはやっぱり、塩水を入れてよく振る方法ですね。

塩水ならタッパーの臭いを消すことが出来るだけでなく、うっかりそのままタッパーに入れたままにしておいても、臭いが移ってしまう心配もなしです。

ということで、まずは塩水を入れて振る、という方法を試してみて、それでもプラスチック臭が落ちなかったら、酢水やハイターを使った方法を試してみると良いですよ!



まとめ

古いタッパーの臭いは塩水や重曹水を入れてよく振るか、酢水や塩素漂白剤を入れて消臭する、などの方法があります。

また、プラスチック臭がタッパーからする場合も、塩水や酢水、ハイターを使えば消臭出来るので、ぜひお試しくださいね!

ただしハイターを使った場合は、よくすすぐことを忘れずに。



コメント

タイトルとURLをコピーしました