目の疲れを取る方法は?寝る前に簡単に解消しましょう!

目の疲れ お役立ち情報

目はとても大切な体の一部分です。
現代人に必需品のスマートフォンは、多くの人が利用しているでしょう。
ついつい忘れがちですが、目を休める時間が足りていないのかもしれません。
SNSで返事をしたり、面白い動画を見すぎたり、気付くと目を酷使してしまうことも。
便利で使いやすいため、楽しくてついつい長い間、画面を見てしまうんですよね。
オフィスワークの方は、日中もパソコンを見ています。
そのため、どうしても二重に負担がかかるかもしれません。

今回は、自宅で寝る前に簡単にできる、目の疲れを取る方法をいくつかご紹介します。
デジタル機器と上手に合いながら、自分の体もぜひいたわってあげてください。



目の疲れを感じたら温めるべき?冷やすべき?その方法は?

目の疲れを感じたときには、タオルを使って行える簡単な方法があります。
その際、タオルで冷やすのと温めるのとどちらが適切でしょうか?
答えは、温めるが正解です。
冷やすのは目の血液の流れを悪くしてしまいます。
なので、目の疲れを改善させるためには、血液の流れを良くする必要があります。
その方法は、水にぬらしたタオルを電子レンジで約一分、温めてみましょう。
温めた直後は、タオルは熱いので、少し冷ましてから手に取りましょう。
まぶたの上に冷ましたタオルをゆっくりと数分間かぶせます。
目の周りを温めることで、筋肉もリラックスして目の疲れを取ることができます。
電子レンジで温める方法は、自分で温度の調整がしやすいことがメリットですね。
寝る前に簡単にできるので、ぜひやってみてはいかがでしょうか?



目の疲れには目薬が効果的?選ぶべきポイントは?

目の疲れといえば、身近で考えられる対処法は目薬ではないでしょうか?
医師から処方してもらうものや、薬局で簡易的に販売されているものもあります。
身近な薬局で買えるものには、以下のものがあるそうです。
「一般点眼薬」「人工涙液」「アレルギー点眼薬」「抗菌性点眼薬」の4種類です。
それぞれ、入っている成分が異なります。
目の症状によって目的が違うので、自分に合ったものを選びましょう。
コンタクトレンズをされている方は、念のため医師に相談してみてください。

※万が一、目の疲れが実は病気のサインということもあります。
長期間改善されない場合、念のために病院で診察を受けることを推奨します。



目の疲れを減らす! パソコンなどを利用するときの注意点は?

パソコン 目の疲れ仕事がオフィスワークやパソコンを長時間使わなければいけない方も多いと思います。
あるポイントを少し気にするだけでも、目の疲れの軽減になります。
その方法は、パソコンやスマートフォンなどの明るさを落とすことです。
自動で明るさを調整する設定になっている場合は、明るさを固定してみましょう。
できるならパソコンの画面から50cm以上、離れて画面を見てください。
ライトをカットする眼鏡も販売されているので、それを利用するのも一つの方法ですね。
また、首には日頃から大きな負荷がかかります。
なるべく正面を向くように意識をしながら、時々肩や首をまわす体操をするのがオススメ。
ぜひ、日頃から取り入れてみてください。



まとめ

タオルを電子レンジであたためる方法は、自宅でも寝る前に手軽にできますね。
日頃から、寝る前に目の疲れをケアして、疲労をためないことが大切です。
また、スマートフォンやテレビ、パソコン画面を見ない時間帯を作ることも大切です。
私も最近始めたのですが、寝る前に肩と首を軽く回すストレッチは効果を感じます。
皆さんが、健康に目をいたわって過ごされることを願っています。



コメント

タイトルとURLをコピーしました